5種類の観光タクシーがあるので、自分達の人数、用途に合わせて車種を選んでみては?

観光タクシーを利用する時のポイント

沢山の方に様々な用途で利用されている観光タクシーですが、利用するにあたり、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

観光タクシーを貸切る場合、料金は一般のタクシーのメーター料金でなく、30分単位での貸切り料金になります。
時間での料金になりますので、予定を立てる時には時間をしっかり計算しておけば良いでしょう。

22時から6時までは深夜運行料金が発生し、貸切料金は2割増額されます。無理のない範囲で深夜の移動を避けた方が料金が高額にならずに済むでしょう。
有料道路、駐車場の料金は別料金となりますので、運転手さんと相談しながら道順は決めると良いでしょう。

旅行などで貸切る場合は宿泊される事も多いと思いますが、宿泊をする場合は運転手さんの宿泊の手配をしなければなりません。この場合は自分達の宿泊先とは別の場所でもかまいませんので、1泊2食付の宿を探して手配が必要です。

あと、利用する発着場所により回送料金が発生する場合もあるようです。

このような点に気を付けながら予定を立てると必要以上に料金がかかのでは、という心配もいりません。
観光タクシーには利用目的が決められていませんので、ちょっと遠方への移動に困った時など、自分にあった利用方法で使用してみてはどうでしょう。